お茶と歴史の里 日坂を考える

June 17, 2019

 今日は県の方々が日坂地区に来ていただき、区長会長他地区の主だった方々と意見交換し、地域資源を視察して頂いた。

当時の掛川城主 山内一豊公が家康公を迎えるために境内に茶亭を作ってもてなしたとされる久延寺のある東海古道へもご案内。

 往時の往来を想像するに容易いこの小夜の中山地域は万葉の時代からの歴史と共に江戸時代よりお茶が作られていたであろうと考えられる正真正銘のお茶どころ。

そんな地域でも後継者不在に悩まざるを得ない時代にある今日、行政と共に、スピード感をもっ

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

嬉しい朗報です‼️😃

June 30, 2019

1/1
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ