働き方が変わると言われる中で何が出来るか、考えてみました


行動制限8割と言われ、在宅勤務やコワーキングスペースでの勤務など都会では働き方を変わり、警戒宣言解除後も、行動制限を続ける生活習慣、働き方が平準化されてくるとか?


こういう世の中になる以前より田舎暮らしへの憧れや移住志向は若い働き盛りの年代に増えていると言われていた中だけに、この里山にも新たなムーブメントを起こすチャンスでは?


この3年間、3軒の空き家、空きスペースを農家民宿へと変えてきたが、稼働率はまだまだ低く、活用方法は十分にある。


和室中心の古民家で宿泊機能に重きを置いているため、オフィス機能としては今後拡充していく必要はあるが、窓の外は緑いっぱい、小鳥やカエルの鳴き声をBGMに非日常を感じる働くことが出来る空間は十分な可能性を秘めているのでは?



また、東海道新幹線で東京駅から1時間40分で到着する掛川駅、そこから車で20〜30分、2時間で移動できるという好立地。


仕事に疲れたら茶畑で散歩したり、畑でなら仕事したり、温泉に入ったり♨️🍵


きっと仕事もはかどるのでは?


そんなことを考える今日この頃です。





0回の閲覧

体験型古民家宿 旅ノ舎 tabinoya

 〒436-0009

 静岡県掛川市大野1708

​【静岡県知事登録旅行業 地域-7号】

  旅行業務取扱管理者 山田幸一

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • TripAdvisor - White Circle