春近し!衣替えしました

明日は春一番が吹くとか? ここのところようやく気温も上がってきて、春を感じる今日この頃、お雛様と一緒に飾る着物も春着に模様替えしました。 春は何故だかワクワク気持ちも晴れやかにしてくれる、不思議な季節ですね!

新しい命が誕生したが、、、

今年に入って2度目の出産に立ち会った。 と言っても見ていただけだが😅 ママヤギの苦しそうな息みを聞いていると何かしてあげたいと思いながら何も出来ず全くの無力だ。 確かに女房の出産の時も全く役に立たなかったことを思い出す😅 何とか無事出産は済んだが、困ったことに赤ちゃんにオッパイを飲ませようといない。 興奮しているようで、前足で地面を掘り続ける、普段しない行動をとり続ける、 ママヤギを捕まえて無理やりオッパイを飲ませてみたが、あまり出ていないようで、でもしばらくしたら鳴き止んだ。 その後もママヤギの様子は変わらず、土を掘り続けるが、赤ちゃんヤギは落ち着いたようで泣き止んだままだから、明日朝まで様子見か? 動物の飼育は難しいな〜

外国人旅行客で賑わう納得のお宿に泊まってきた

トリップアドバイザーで毎年評されるお宿。 90パーセントを越える高稼働率を誇る理由が少しわかった気がする。 掃除の行き届いた小綺麗な館内、丁寧なお客様への対応、細部までオーナーの心遣いを感じる。 80歳に近いオーナーが自ら英語で対応される姿はお客様を安心させ、心温まる。 今私たちに何が足りないか、何をすべきか、たくさんのヒントを頂いた。 有難うございました!

商も農も後継者不在が悩み

江戸時代から続く創業200年以上のお茶屋さん、現在10代目のご夫婦が東海道峠の名物 子育て飴や、真っ黒出汁の静岡おでんなど懐かしい変わらない味を提供されてます。 そこから東海道五拾三次 三大難所小夜の中山に広がる茶畑の中にあるお茶工場へ。 世界農業遺産 茶草場農法のお茶畑が広がる国内でも屈指のお茶処でも後継者不在による耕作放棄地が散在するようになった。 何が出来るのか、でも必ず早急に手を打たなくてはならない、そんなことを感じる1日でした。

湯の花沈む源泉掛け流し流しの温泉へ

いつも近くは通っていて気になっていたが、ちょっと足が重かった倉真赤石温泉へ春から始める里山めぐりへの参画依頼で初めて足を踏み入れた。 かなり年季の入った建物、中に入るとさらに年季の入ったおじいちゃんが日向ぼっこしていた。 話し始めると話は止まらず、さりとてお昼時だったので1時間ほど話をして、浴槽の写真だけ撮って失礼してきた。 30年前に700mほど掘って当てた冷泉ながら源泉掛け流し温泉で、泉質は硫黄と炭酸が混じって珍しい泉質とか? 次回はゆっくりお湯に浸かって、気になるタマゴ丼でも食べてみるかな? 春の里山めぐりにも初登場! 森の中に佇む一軒だけの温泉施設。 どうぞお楽しみに!